確定申告ってしたほうがいい?

結論からいえば、
確定申告が必要な場合はしておいたほうがいいです。

確定申告をしないということは、
脱税していると判断されても仕方がありません。
周りの人の迷惑にしかならないので、
出来る限り早めに税務署に行くべきです。

もちろん、誰もが確定申告しなければ
ならないというわけではありません。
給与所得者ならば副業などで二十万円以上の所得がある場合、
そして給与所得者ではない人ならば
三十八万円以上の所得があるとなれば
確定申告しないと脱税になってしまう可能性があります。

脱税しているかもしれないと不安になったら、
早めに税務署に相談しにいくとよいです。
相談すれば、しなければいけないのか
しなくてもいいのかが分かります。
まずは、確定申告が必要かどうかの確認をして必要ならばやり、
不要ならばやらなくていいことです。

一定の所得があるにも関わらずに、
やっていないと脱税の可能性があると判断されて
税務調査が入ることもあります。
やっておいて困ることはないはずです。

話は変わりますが、
やっておいて困ることはないといえば、IPOですね。
中でも私がいつも利用しているのど飴、
龍角散が上場というお話を耳にしました。
(参考サイト⇒龍角散上場